ST(言語聴覚士)からのご挨拶

 こんにちは。ST室(言語療法室)からご挨拶させて頂きます。

 

 平成28年5月から当院にST室が開設され、現在(平成29年4月現在)は2名の言語聴覚士が成人を対象に、言語訓練、摂食機能訓練、高次脳機能訓練に携わらせて頂いております。

 

 「言葉が上手くでてこない」「呂律が回り難い」「食事中にむせることが多くなった」等々、お困りの事ががざいましたら、ST室までご相談ください。

 

 その他、STの活動と致しまして、NST(栄養サポートチーム)への参加、VE(嚥下内視鏡検査)やVF(嚥下造影検査)による摂食機能評価、種々の勉強会開催などを行っております。

 

 現在は、入院中の患者様を対象とさせて頂いておりますが、今後は外来でも通って頂けるように準備しているところです。

 


NST (Nutrition Support Team) :栄養サポートチーム

メンバー

医師、看護師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、作業療法士、歯科衛生士など、職種を超えて構成された医療チームです。

役割

それぞれの専門知識を持ち寄り、患者様の体格・病態・摂食嚥下レベルなどを考慮しながら栄養摂取法や必要栄養量、食事環境の整備などを検討・提案しています。

活動内容

1) 月2回、カンファレンスを開きNST対象患者様についての情報交換・方向性確認・医師による回診・食形態の検討などを行っています。

2) テーマを決めて院内職員向けの勉強会を開催。

(例)嚥下障害について、口腔ケアについて、食事介助について、トロミ剤について...etc.


摂食機能療法

目的

 急性期リハビリテーションの一環として、言語聴覚士・歯科衛生士・看護師が摂食機能障害のある患者さんに対して嚥下訓練・指導を行います。

 また、摂食機能障害を有する患者様に対して、多職種で連携しながら摂食嚥下機能の回復や肺炎予防を行い、QOLの向上を目指します。

嚥下機能の検査を実施

 早期に嚥下状態を評価し、訓練やリスク管理に繋げるため、嚥下造影検査(VF) や、ベッドサイドでの嚥下内視鏡検査(VE) を行っています。

 

< 嚥下造影検査 (VF) >

レントゲン室でX線を照射しながら行う、飲み込みの検査です。

バリウムを混ぜた飲食物を食べて頂き、口から胃までの一連の様子を確認します。

< 嚥下内視鏡検査 (VE) >

鼻咽腔喉頭内視鏡を用いて行う飲み物の検査です。嚥下に関わる器官や、飲み込んだ食べ物の動きを観察します